★花言葉★
「小さな愛情」

ナデシコ科ノミノツヅリ属の越年草。道ばたに多く見られ、小さな葉と花をつける姿は繊細で美しい。だが個体が非常に小さいため、身近な植物にもかかわらず見逃されやすい和名は「蚤の綴り(ノミノツヅリ)」で、小さな葉を、ノミの衣服(綴り)にたとえたもの。背の低い草本で、花は3~6月に咲く。★花言葉の由来は、見たままのイメージ。

Related Projects

Start typing and press Enter to search