★花言葉★
「真心の愛」「愛の神託」
キク科タンポポ属の多年草。江戸時代の花名は、鼓草(ツヅミグサ)。鼓をたたく音の「タン」「ポポ」という擬音語が語源ともいわれている。多くの種は黄色の花を咲かせ、綿状の種子を作る。他の植物が生きていけないような過酷な環境下でも生育できる生命力の強い植物。★ヨーロッパでは古くからタンポポの綿毛で恋占いをしていたことから、「愛の神託」という花言葉に。

Related Projects

Start typing and press Enter to search