★花言葉★
「輝く心」「喜び」

カタバミ科カタバミ属の植物。南アメリカ原産で、日本には江戸時代末期に観賞用として導入され広がった。地下に球根を持ち、根を伸ばして繁殖する種。背丈は約30cm。花びらは5弁。★花言葉の「輝く心」は、古代の女性が真鍮の鏡をカタバミの葉で磨いたことからつけられた。

Related Projects

Start typing and press Enter to search