★花言葉★
「苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」

マメ科ゲンゲ属の越年草。中国が原産。日本には古くに渡来し「蓮の花に似た草」というのが名の由来。茎の高さは10~25cm。湿った場所を好み繁殖する。ゲンゲの花はハチミツの源となる蜜源植物として利用されることも。ゆでた若芽は食用され、解熱などの民間薬として使う地方もある。★花言葉の「苦痛がやわらぐ」は、レンゲソウに薬効があることに由来する。

Related Projects

Start typing and press Enter to search